原産国
地域
グレード
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニ

ピーロートとピッコロミニ
コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニは25年以上にわたりピーロートのパートナーとなっている。
これまでに彼らのワインを飲んだことのある方もいらっしゃると思う。まだ飲んだことのない方は近々または将来飲むチャンスがやってくるであろう。
彼らのワインは、上質なイタリアワイン特有のスタイル、個性、風味を持っている。ピーロートの顧客のためのワインをセレクトする上で、重要視したのは環境への配慮、高水準な品質、ワインメーカーの献身と真のある熱意である。
コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニの確固たるファミリーの伝統は、個々のオリジナルワインで輝いている。
紋章

全てのボトルは、コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニのロゴを持ち、青い十字架とゴールドの半月が5つ描かれている伝統的なピッコロミニの紋章が中央にある。
両脇には、オリーブの枝がトスカーナの自然への密接さの象徴として描かれ、ピッコロミニ家の起源である法王の王冠と鍵のシンボルが描かれている。

哲学
コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニのチームは、イタリアを故郷と表し、ミッションはイタリアワインに対する愛を顧客であるあなた方と分かち合うことだとしている。
私達は、魅力的なワインというのは、ワインメーカーと自然との永続的な協力と、細かな点にまで注意深く敏感にアプローチした結果産まれるものだと信じている。葡萄、畑、土壌、気候が合わさり、ピッコロミニのワイン造りに作用しており、ワインを造る個人とそれを飲む個人と同じぐらいに独特なものである。

歴史と伝統
真正、情熱、喜ばせたいという願い
コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニは、イタリアのライフスタイルを示している。
コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニは、トスカーナの州都であるフィレンツェに1599年に誕生し、影響力のある高貴な一族であり深く根付いた伝統的なピッコロミニ家から引き継がれた。
彼の祖先は、法王もしくは軍の将校であり、彼自身28歳の時にウォーレンスタインの指揮官を務めた。
世界市民であるコンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニは、多く旅をし、人生の様々な岐路において地元について知るようになった。シンプルな田舎生活は、貴族の邸宅や城と同様に馴染みがあり、滞在時は常に、同伴する友人やディナーにマッチする完璧なイタリアワインを持参した。
コンテ・オッタヴィオ・ピッコロミニは、イタリアの喜び、快楽、人生への情熱の象徴であり、彼の情熱を素晴らしいワインを通してお客様と分かち合いたいと思っている。