原産国
地域
グレード
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

アルティガ・フュステル

アルティガ・フュステルは2002年、Marti Quer率いる、若いが多くの経験を持つワイン専門家の国際的なチームによって設立された。スペインの偉大な資源の生産とマーケティングに新しい活気を吹き込むという希望を持ち、アルティガ・フュステルのチームは、コストパフォーマンスの良い、モダンなスペインワインを発展させる上で、消費者重視とシンプルさへのニューワールド的アプローチを取り入れることとなる。若く、比較的小規模の会社であるアルティガ・フュステルは、常に変化する市場の要求に迅速に適応する柔軟性と、我々のエゴは、消費者の満足と革新への献身を決して逸脱しないという事実からから恩恵を受けている。

マルティは、ニューヨークの評価の高いレストラン“Aureole”のヘッドソムリエとして、数年間の経験を積んだ後、1995年に彼の出身地であるヴィラフランカに戻って以来、スペインワインの販売に携わっている。彼が築いた、スペインの最も著名なワインメーカーの幾人かとの緊密なパートナーシップは、アルティガ・フュステルが、まさに最高のこの国原産の葡萄を使用することを可能にし、いずれも質の秀逸さ故に最近のISO承認を誇る、最先端の設備で最高品質のワイン生産を行っている。アルティガ・フュステルにとってワイン生産のプロセスは、個々のターゲット市場内の消費者概要やトレンドへの綿密で、大変フォーカスしたリサーチを行うことにより、葡萄が収穫されるかなり前に始まる。この消費者の期待を上回ることへの専心は、この会社のワインのプレゼンテーションに強調されており、各々のワインがスペインのより伝統的なワインメーカーの幾人かにより残されたギャップを埋める為のユニークなアプローチを提供している。こうしてそれらのワインは、他の多くの商品の中でも目立つ様な、魅力的でエレガント、すぐに認識できるパッケージを持ち、これはまたワイン初心者の方々を、困惑させてしまうようなカテゴリーを解明するのにも役立つ。

1980年にカンポ・デ・ボルハ ディー・オーの等級を承認されて以来、この素晴らしいワインの傑出した生産地は、原産の葡萄の秀逸な品質の為、すぐに国内外での名声を得た。小さな16の村の集合体で構成されるカンポ・デ・ボルハは、ザラゴザの北東部、イベリア半島の山々と、世界的に有名なディー・オー・シー リオハ地域を流れるのとまさに同じエブロ川流域の間にある。

この地域の首都ボルハで生まれたアルティガは、スペインで最も素晴らしく、愛されている原産の葡萄品種の一つの真髄といえる様な例を示しており、多くの批評家はこの品種が、ボルハの暑く乾燥し、強烈に風の強い気候において最高になると信じている。こうした厳しい条件は、非常に小ぶりで低木の葡萄の樹を生み出す傾向があり、この樹からリッチで複雑、力強くフルーティー、若々しい赤ワインが造られる。

あらゆるタイプの消費者の間で賞賛され、すぐに世界的なファンを得た、このディー・オー カンポ・デ・ボルハのフルボディのガルナッチャは、料理と合わせると最も素晴らしくお楽しみ頂けます。赤身の肉、野菜、パスタといった幅広いレンジと合わせると、最高の状態をお楽しみ頂けるでしょう。