原産国
地域
グレード
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

カーヴ・サン・ピエール

カーヴ・サン・ピエールは、アルペンにあるワイナリーで、地元の品種を素晴らしく表現している。
ピノ・ノワールとコルナランは、シエルからサルケネンまで続く石灰質の丘で栽培され、フュリーの花こう岩の土壌から素晴らしいプティット・アルヴィーヌが生まれる。魅力的なパイエン (ソーヴィニヨン・ブラン)は、石ころが多く水はけのよい土壌で最も高い場所にある畑で栽培される。ファンダンは、シオンからサン・レオナールに広がる土壌の恩恵を受けている。他には、うマーニュ、シラー、ガメイ、ミュスカ、メルロー、シャルドネ、ヨハニスベルク、マルヴォアジ (ピノ・グリ) ウイユ・ド・ペルドリ (ピノ・ノワール ロゼ)がある。
爽やかで心地よい風がヴァレ畑に吹いている。若く野心家の生産者達は袖まくりをして葡萄樹を栽培した。ワインにまつわる事々を変えるため村には発起者の共同体が形成されている。村の間ではどの村が優れたワインを造るのにより良く従事しているかを知るため、健全な競争が行われている。
シャモソンはトップである。この地域の人々は“この国で最も優れた葡萄畑はここにある”と言ったものだが、そう言うのは彼らだけではない。最も広いヴァレの畑もまた多くのハイクラスな生産者を輩出している。