原産国
地域
グレード
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

カンティーナ・ディ・モンテフォルテ

カンティーナ・ディ・モンテフォルテ・ダルポーネは、80人の地域のワインメーカーの団体によって、丘の日当たりの良い場所に1952年3月に設立された。彼らは、土地と葡萄の木に対する共通の愛情をもち、ワインの品質を守ることに打ち込んでいる。

実際、カンティーナ・ディ・モンテフォルテは、600人のメンバーと1300ヘクタールの葡萄畑におよび、その80%がディー・オー・シーである。カン ティーナ・ディ・モンテフォルテは、ボルカの化石とソアーヴェ・クラッシコで世界中に有名なヴァル・ダルポーネの入り口付近にある。葡萄が栽培されている土地は、主に丘と火山を起源に持ち、これがワインに明白な風味を与えている。葡萄畑の提示と穏やかな気候は、ハーモニーとブーケの繊細さを完全にし、サンザシ、ニワトコ、スミレの花を連想させ、快いアーモンドの後味を持つ。

ワイン造りに使用している醸造と熟成方法は、素晴らしい新技術と伝統との密接な結びつきにおける結果である。
いくつもの国内、国際コンクールにおける優秀な結果と、カンティーナ・ディ・モンテフォルテ・ダルポーネのワインに関するテイスターの様々な評価によっ て、トレビアーノ・ディ・ソアーヴェのように、昔見捨てられたが高品質の葡萄畑を再現することと、新しい葡萄畑において最高の質的結果を出す方法を生み出 すことにおいて、常に改善していくようマネージャー達は励まされている。