原産国
地域
グレード
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

カンティーネ・サン・シルヴェストロ

葡萄畑での努力と芸術としての醸造
葡萄品種と土地の特徴は、モザイクの一部と同じで、我々のセンスと触れ合って集めなくてはならないものである。生産する全ての工程を通して豊富なニュアンスを予測、守り、伝えなくてはならない。我々の全てのワインは、単独に葡萄畑とセラーで管理されている。このため、ここ数年は最高のエリアが選ばれている。我々の本質である品質の一貫性に従って全てのワインは造られている。

ワイン
「カンティーネ・サン・シルベストロ」はノヴェロ・コミューンの領域に位置し、ここは主要なピエモンテーゼDOCやDOCGの赤ワインを造っている。カンティーネ・サン・シルベストロによって醸造されている葡萄はほとんどランゲで栽培され、葡萄畑はロエロとモンフォラートにある。今日、サン・シルベストロはジョヴァーニ・サルティラノによって始められたプロジェクトの継続を象徴しており、4世代に引継がれている。長年にわたって、ワイナリーは従兄弟のパオロとギード・サルティラノによって運営され、次第に地元の市場を越えて拡大し、現在は「カンティネ・サン・シルベストロ」はイタリア中、そして海外でも販売されている。1988年以来、モンフォルテ ダルバ地域にあるテヌタ・アルヌルフォ・コスタ・ディ・ブッシア・エステートもサルティラノ家にも属しており、2002年に彼らは、現在本社のあるバローロとノヴェロ村の葡萄畑を含むテヌタ・ゲルチナ・エステートも引継いだ。

栽培哲学
それぞれの葡萄の木の歴史を認識している熟練したスタッフによって行われている正確な剪定。
最高な葡萄の熟度を促す手作業による除葉。
最高の葡萄だけを残し、一本一本の葡萄の木が最高の品質に達するように、7月の終わりから8月の始めにかけてのグリーン・ハーヴェスト。
素晴らしいワイン造りを保証するために、最高の葡萄を選ぶ、手作業による収穫。