原産国
地域
グレード
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

ヴィコント・ベルナール・ドゥ・ロマネ

ロマネ家は、フランスで最も高貴なファミリーの一つで、その歴史は1050年に遡ります。15世紀には、所有地をボーヌにまで拡張し、ロマネ家は、ファミリーネームに“de Beaune”を加える権利を授与されました。

何世紀も前に、他の多くの貴族達にとってもそうであった様に、“高貴な農業芸術”であるワイン生産が、彼らのビジネスの一部となりました。今日ロマネ家のワイナリーは、ボージョレの畑の中、サン・ジャン・ダルディエールに位置しています。

ロマネ子爵は、伝統的ブルゴーニュワインを、彼が真に愛するものとしていますが、“ハウス・オブ・ロマネ”は、フランスの他の地方産のワインも扱っています。土壌の特性を尊重する、そして使用されている品種のフルーティーさと風味の最大限の表現を優先させます。ロマネ家によって造られるどのワインも、この2つを融合することを追及しています。伝統に則り、多くのロマネワインは樽で熟成されていますが、オークに支配されてはいません。早くに飲むことができると同時に、きれいに熟成します。