原産国
地域
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

ハイツ・セラー

ハイツは"マーサズ ヴィニャード"と"ベラ・オークス・ヴィニャード"の2つの伝説的な畑が明示された、カベルネ・ソーヴィニヨンで有名である。畑が明示されたワインの生産量は非常に少ないので、ボトルナンバーと生産量は各々のラベルにマークされている。
ジョー・ハイツ氏自身は、カリフォルニアの高品質ワインの創始者と言われている。また、ヒュー・ジョンソンの言葉を借りるなら、"多くの人々にとって、カリフォルニアで第一番に上げられる名前である。業界全体の基準を作った進んだ考えを持つひとりのワインメーカである。“
ハイツ・セラーが1961年に創立されたとき、ナパ・ヴァレーのワイナリーの数は20に満たなかった。数年のうちにはハイツ・セラーは、もともとあった3.2ヘクタールの土地では手狭になり、タプリン・ロードに65ヘクタール住まいと農場を購入した。ここはセント・ヘレナのほぼ東の丘にある狭い窪地である。ハイツのワインは、以前のオーナーであったアントン・ロッシとそのファミリーが建てた、1898年に遡る石造りのセラーで熟成される。初期の記録によると、初期の記録によると、ロッシ家は一年に37,850リットルのワインをこのセラーで造っていたそうである。

セラーが未だにワインの貯蔵に利用されている一方、ハイツ氏は年間最大生産量40,000ケースを達成する計画の一環として、1972年に第二の建物を増築した。新しい建物の方は、ハイツの赤ワインが貯蔵されており、まず初めにステンレススティールの発酵に入れられ、次に様々なアメリカやヨーローッパの森から産出されたオーク樽に入れられる。

伝統的にここのワインは、収穫後5年目(第一級を含む世界中のクオリティーワインのスタンダードは3年である。)から、少量ずつ5年を費やしリリースされる。これは、より古いカリフォルニアヴィンテージ(これ自体が珍しいのであるが)をワイナリーから直接獲得できるということを意味し、ここではご存知のようにワインは理想的なコンディションのもとに貯蔵されている。この増築計画は、近代的なボトリング室を含む貯蔵庫を加えることにより、1979年に完了した。

オーナー:ハイツ・ファミリー
平均生産量:40,000ケース
畑の面積:約280ヘクタール
品種:100%カベルネ・ソーヴィニヨン
樽塾の長さ:アメリカン・オークのタンクで1年
フレンチ・リムザン・オーク樽で2.5年
発酵槽のタイプ:ステンレススティール
トレイルサイド・ヴィニャード

1989年にハイツの3番目の畑が明示されたカベルネとなった。トレイルサイドカベルネは、単独の承認に値するための自分自身を主張しているので、スタイルにおいて明確にユニークである。
第一印象は、グラスの中の力強い色で、豊かで濃く、魅惑的である。ワインの多次元性がフィネスを伴うベリー類、甘いブラックチェリーのアロマを持って出迎える。樽での3年半の熟成が、昌品種の風味と、フランスのリムザンオーク樽の使用によって分け与えられたバニラのクオリティーを融和させている。これは、味わいのある、力強いワインを産み出し、今飲むこともできるが、きちんとした貯蔵をすれば、その舌触りとパーソナリティゆえにまだ良くなる。トレイルサイド・ヴィニャードのカベルネは、限定生産されている。

ベラオークス
ハイツセラーのベラオークスカベルネ・ソーヴィニヨンは、アロマにおいて、ベリー類、バニラの含みを、口蓋では豊かさを所有しており、これらはベラ・オークスを全てのナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨンのなかで、最も風味の豊かなもののなかに位置づける。ワインはその素晴らしいクオリティーとスタイルの一貫性のために世界的な承認を得ている。

ナパ・ヴァレー
ラザフォードに位置するハイツの畑からの100%カベルネ。このワインはアメリカンとフレンチオークで3年半の熟成を得るが、リリースされるときにより柔らかく、よりアプローチできるように醸造される。

■米国のフード&ドリンク専門ウェブサイト「The Daily Meal」の全米ベストワイナリー101ランキングで第6位を獲得