原産国
地域
グレード
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル

ドメーヌ ドゥ シュヴァリエ

シュヴァリエは木々に囲まれた小さな畑を持つ。自身をシャトーと呼ばない、ボルドーにおける数少ない主要な敷地の一つである。グラーヴ地域では、多くのエステイトが何世紀もの間ずっと名が知られているのだが、ここは、最初1770年に畑として始まった。最初のオーナーはシバリィと呼ばれた人で、なぜかhがついてChibaleyとなった後、Chevalierとなった。

 
ここで造られたワインはその質のために有名になり始めたのだが、どうしたわけか、畑は19世紀の初めに引き抜かれ、全域に松が植えられた。1865年にはジャン・リカールによって購入され、彼の父はオー・バイイを所有し、その他の敷地をいくつか購入した人物である。彼は畑を植えかえ、その評判を再形成した。
 
1865~1983年までリカール家がこのワイナリーを所有していた。彼らは評判を確立し、連続した選別による収穫の厳格なセレクション等、ワインの質を上げるために多くの処置を履行した。これら全ての処置はペイノー教授のアドバイスによって裏付けられている。1983年にはブランディーとトップクオリティーボルドーワインの主要な商人であるLucienBemard(ルシアン・ベルナール)のファミリーカンパニーがドメーヌを購入した。クロード・リカールによって5年以上の訓練を受け、オリヴィエール・ベルナールが前任者のように情熱をもって現在ドメーヌを運営している。
 
シュヴァリエは、オー・ブリオンとラ・ミッションの後で、常にグラーヴのトップ2~3に入っている。シャトーは霜と頻繁な窟の被害を受け、これらは収穫をかなりダメージすることがある。生産量は低く抑えられ、オリヴィエール・ベルナールはワインを他の有名なボルドーワインより少々高い温度で発酵させる傾向がある。高い発酵温度は、タンニンと色を最高に引き出すことを目的としている。他の点では、ワインメイキングの過程はかなりクラッシックと表現されるであろう。
 
このワインがサーブされているレストランの例:タイユヴァン、デュトゥルニエール、ギ・サヴォワ、フォージュロン、ミシェル・ロスタン、ルカ・カルトン:パリロベルグラード(ピュイミロル)、コム・シェ・ソワ(ブリュッセル)
 
品種: 65%カベルネ・ソーヴィニヨン
5%カベル・フラン
30%メルロー
lhaあたりの葡萄の木の本数: 10,000
ルートストック: 101.14&3309
リパリア メルロー
畑の面積: 赤20ha
白4ha
従業員数: 12人
セカンドラベル: なし
平均生産量: 赤10,000ケース
白1,500ケース
畑の分布: 1区画
土壌: 濃い色の砂と細かい白い砂利の土壌
驚くほど水はけの良い砂岩の下層土
マセラシオンの期間: ヴィンテージにより2~3週間
酵母の添加: 野性酵母
発酵のコントロール: 温度調節機能付き
フィルターの使用: 壜詰めの前に軽くフィルター
発酵の温度: 最高32度
発酵槽のタイプ: ステンレススティール
樽の年令: 新樽を60%使用
樽熟の長さ: 18~22ケ月
清澄: 新鮮な卵白
ボトルのタイプ: ボルドレーズ
シャトーにおける壜詰め: 100%
剪定: ダブルグイヨー
平均樹齢: 25年
1ヘクタールあたりの生産量: 45hl
収穫: 手摘み
貯蔵: 5~20年
サーブするときの温度: 17度
料理との組み合わせ: ラム・子牛・家禽・デリケートな猟鳥獣の肉とパーフェクトである。