原産国
地域
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル

レフュージオ・ランチ・ヴィンヤード

レフュージオ・ランチの醸造家、ライアン・デオヴレットは、アルゼンチンのメンドーサにあるヴィーニャ・コボスで働きながら、絶大な支持を得ているポール・ホブス(モンダヴィ、オーパス・ワン、シミ)のもとでワイン造りを学びました。ライアンは、ブドウ栽培とワイン醸造で15年の経験があり、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、カリフォルニアのワイナリーで働きました。ライアンはレフュージオ・ランチのワインを2008年の最初のヴィンテージから造り続けています。


レフュージオ・ランチの、シラーとプティ・シラーの主力ブレンドは「バルベレーニョ」と呼ばれ、ワイン・エンスージアストの「2014年のトップ100」号で世界40位に評価されました。ワインリストには、世界各地からの17,500種類が含まれていました。この称賛を受けた2010年のバルベレーニョは、レフュージオ・ランチで生産された3番目のヴィンテージにすぎないワインで、まだ若いワイナリーにとって名誉な事です。


レフュージオ・ランチのワインは、アントニオ・ガローニ、ジェブ ・ダナック、ワイン・アドヴォケイト、ワイン・エンスージアストなど、業界トップの批評家や出版物から、毎年一貫して高い評価を受けています。
バルベレーニョ -94,94,92,93,92,92,91,91,92,92,94,91,90,90ポイント
エスコンドリーホ - 93,90,90,92,93,92,90ポイント
イネセーニョ - 92,91,92,90,91,91,90ポイント


レフュージオ・ランチ・ヴィンヤードは、アメリカで4番目に規模の大きいアウトドア広告の会社である、アダムス・アウトドアのCEO、ケヴィン・グリーソンによって設立されました。ケヴィンはレフュージオ・ランチ・ヴィンヤードという家族のための遺産を築きました。ヴィンヤードは現在、彼の子供であるマックスとキャリーによって運営されています。