シャトー・ドゥ・カマンサック

シャトー・ドゥ・カマンサックは、サン=ジュリアン地区のはずれ、サン=ローラン=メドック村に位置しています。
カマンサックは、1855年に格付けを受けたワインの中で、注目を浴びることのない、凡庸なシャトーでしたが、1965年にフォルネール家がシャトーを購入し、葡萄の木を植替え、醸造施設の改造を実施しました。
また、カマンサックの復活にはボルドー大学で醸造学の講師をしていた天才醸造学者、エミール・ペイノー氏の存在なくしてはあり得ませんでした。
彼の助言と監督を受けることにより、シャトー・ドゥ・カマンサックのワインは、素晴らしいワインへと変化しました。

このセクションには商品が登録されていません