レイル・ヴィンヤーズ

20世紀半ば、ナパ・ヴァレーで最高峰と謳われたワイン、イングルヌック。そのイングルヌックのオーナーだったジョン・ダニエル Jr.の次女、ロビン・レイルが作ったのがレイル・ヴィンヤーズです。1964年にイングルヌックは売却されましたが、ロビン・レイルはユントヴィルにあったナパヌックという畑を相続。1995年にワイナリーを復活させました。ワインメーカーは、ナパで有名なフリップ・メルカ。ジョン・ダニエル・キュヴェは、パーカー100点を獲得しました。

このセクションには商品が登録されていません