原産国
地域
グレード
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル

カンティーナ・コッリ・エウガネイ

エウガネイの丘は、様々な地質時代を経て、なだらかな丘になりました。丘は葡萄樹を護り、望ましい方法で日光に当て、豊かに栄養分を含んだ土壌を与えてきました。さらに人間の情熱が、奥深い真のワイン醸造文化を発展させるのに何百年もかけてきました。カンティーナ・コッリ・エウガネイは、この伝統の中心で設立されました。その歴史は主役である地域と結び付いており、1940年代以降、ワイン造りの遺産を推進するために改革と再開がなされました。共通の目標は、異なる種類の統制原産地呼称を規定することでした。
1949年設立、1951年に最初のワインを生産した協同組合は、土地と文化を表現する本物のワインを幅広く提供することに常に注力してきました。カンティーナ・コッリ・エウガネイは現在までこの精神を維持し、有能なメンバーの専門知識を生かして、世界中のワインを味わう人々の好みや期待の変化に適応し続けています。