原産国
地域
グレード
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル

デュクール

ボルドー市南東のアントル・ドゥー・メールの田舎ラドー村にある小集落ウルク。私たちの祖先ピエール・デュクールはそこに位置するシャトー・デ・コンブを1858年に購入して落ち着きます。子供や孫たちもその数ヘクタールの畑を引き継ぎぶどうを育てました。私たちの祖父アンリ・デュクールが加わったことで、シャトーの歴史が大きく変わっていきます。彼は子供のうち三人(マリ=クリスティーヌ、フィリップ、ベルナール)と共に事業を拡大し、ボルドーで最大の畑面積をもつ家族経営企業の一つに数えられるまでになったのです。