原産国
地域
グレード
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

フォン・ヘーヴェル

エベルハルドフォンクノーはオベレンメルのエステートの所有者であり、これは6世代にわたり同じ家族が所有してきた。彼と彼の妻、ヒルデガルドは、多くの訪問者が古城に例える、古いマナーハウスに暮らしている。

このマナーハウスは、12世紀に完成し、当初はトリアラーにあったセントマキシミンの有名なワイン修道院のための、追加の避暑地であった。
長年の間に土台以外の部分が変化したが、今日でもセラーはまるで800年前のままである。
この建物は二度焼け落ちたが、1732年に最後に再築された。俗化により教会が資産を手放した後、1806年に現在の所有者の祖先であるヨハン E. グラシュがこのエステートを購入した。
彼はカンゼメルベルグとヴァルベルナー・ハレンベルクをも買い取り、今日これらは彼の他の子孫である、マキシミリアンフォンオテグラーヴェン夫人とドクターフィッシャーに各々所有されている。

フォンクノーは、伝統を尊守しつつ、葡萄畑やワイン販売において最新の手法を取り入れている。全てのワインは瓶詰めされるまで、100%ジャーマンオーク樽で発酵、熟成される。

このエステートは約30エーカーの葡萄畑を所有し、11,000ケースの生産量がある。30エーカーのうち7.5エーカーはシャルツホフベルクに位置する。