原産国
地域
グレード
アペラシオン
容量
ヴィンテージ
タイプ
葡萄品種
スタイル
サーヴする温度

カンティーヌ・ボナッキ

カンティーヌ・ボナッキは、最上のトスカーナの葡萄を栽培し、その葡萄からキャンティの生産地の中心であるモンタルバーノでワインを造る。ワイナリーは、新世代が引き継いでから、自分達のワインの瓶詰めを始めた。近代技術により、カンティーヌ・ボナッキは、お客様にクオリティの高い商品を提供することが可能になり、UNI EN ISO 9001:2000認証を受けており、オーガニック製法にも着目している。


ワイナリーは、キャンティ・モンタルバーノの40ヘクタールの畑、キャンティ・クラッシコ・ガッロ・ネロの地域に20ヘクタールの畑を所有し、シエナにはカザリーノの土地を購入した。2002年には、カンティーヌ・ボナッキは更に上質のブルネッロ、ロッソ・ディ・モンタルチーノのワインの産地であるモンタルチーノ(シエナ)に畑を購入した。葡萄は、伝統的な方法と近代の機械を使用して収穫を行ない、トップクオリティのワインを確保できるようにしている。

ワインメーキング
エステートの中心にある新しい施設には、最新のワインメーキングの機械があり、自動のボトリングのラインが二つある。保存場所であり樽熟成を行なう広いセラーも併設されている。ワインは、ボナッキの名前が付けられ、国内外で販売されている。キャンティ・モンタルバーノ・ディー・オー・シー・ジーと上質のオーク樽で造られるバデスコ トスカーナ アイ・ジー・ティーが最も有名なワインである。