エスプリ・ドゥ・パヴィ

[ログインして価格を表示]

原産国: フランス

地域: ボルドー

生産者: エスプリ・ドゥ・パヴィ

グレード: エー・オー・シー

容量: 750ml

ヴィンテージ: 2012

色: 赤

葡萄品種: カベルネ・ソーヴィニヨン, カベルネ・フラン, メルロー

スタイル: 辛口

サーヴする温度: 16 -18

9239732
在庫あり

醸造法

息子であるアレクサンドルと二人が愛するこのワインとテロワールについて熱く語り合っていた時に二人の夢が生まれた。その夢というのは、全てのワイン愛好者の方々にサンテミリオンの愛を伝え、分かち合うことのできるワインを造ることである。
土壌と畑テロワールの特長エスプリ・ドゥ・パヴィはドルドーニュ・ヴァレーの南向き斜面に位置する、多様性に富んだテロワールから成る。栽培ヴィニャード・エステート・マネージャーはエステートに責任を持つ ヘクタールあたりの平均植密度は6,500本である。葡萄樹は化学的な物質を出来るだけ抑えて栽培される。グリーンハーヴェストを行い、6月末に東側の除葉を行い、その後8月中旬には西側の樹に行う。平均樹齢:37年70% メルロー15% カベルネ・フラン15% カベルネ・ソーヴィニヨンサンテミリオン グラン・クリュ・クラッセシャトー・パヴィの若い葡萄の樹を選択醸造温度管理されたタンクでアルコール発酵が自然に始まり、大桶で数週間置いた後、タンクでマロラクティック発酵させる。シャトー・パヴィやシャトー・モンブスケで一度使われた樽で15ヶ月間熟成させる。ヴィニョーブル・ジェラール・ペルスのチームは下記の全工程に責任を持つワインメイキングシャトー・サント・コロンブ・ワイナリー、サン・マーニュ・ドゥ・カスティヨンヴィニョーブル・ペルスのテクニカル・ディレクターが監督発酵は温度管理がされたセメントとステンレススティールタンクの中で自然に行われる。数週間のマセラシオンに加え、タンクの中でマロラクティック発酵が行われる。シャトー・モンブスケとシャトー・パヴィで以前使用されたオーク樽の中で15ヶ月熟成が行われる。

受賞歴